記事一覧

グアム旅行3日目午後-実弾射撃

午後からはその手の雑誌で有名な野外射撃場のG.O.S.R.で撃ってきました。
弾も新品、島内最長の55mレンジということで、事前に日本から予約して行きました。

射撃場は島のかなり南の方にありましたが、無料送迎があったのでそれで送ってもらいました。
当初レンタカー借りて自力で行こうと思いましたが、結構距離がありましたし、ちょっとわかりにくい場所だったので送迎を頼んで正解でした。
オーナーも日本人の方で、すごく気さくな方でした。
しかも浜松人w
午後からの予約を取っていたのですが、途中でもう一人違うホテルで拾っていきました。
60歳くらいの人でしたが、この人もかなりの銃好きで、行きの車内で色々と話せて楽しかったです。

今回撃ったのは、
・ベレッタM92Fイタリアン
・ガバメントM1911A1
・COLTパイソン/6インチ
・デザートイーグル.44
・COLT M4カービン
・ルーマニアンAKM
・SPRINGFIELD M1A (U.S.M14)
・ウィンチェスターSUPER X-2
の以上8丁です。
もうねー、大満足www
まぁそういうわけで銃の簡単なレポ。



まず最初にM92Fはブースで仕切られた場所でマンターゲットへ射撃。
距離は20m無いくらい。
自衛隊で習った基本どうりに集中して射撃。


 
20発撃って、グルーピングは22cm。
思ったよりよく当たるw
最初の銃だからよくわからなかったけど、後から考えるとM92Fはすっごい撃ちやすい。
反動もそこそこで、すごくよく出来てる。
ちなにみ途中で合流したお爺さんはPPKでグルーピング10cmくらいw
よく当たる銃とはいえ、半端ねぇw
後で聞いた話だと、射撃競技の元選手でしたとさ…



M92F以降は隣の開けているレンジへ。
22~55mの間に風船やらペットボトルが適当に置いてあって、それを好き放題に撃っていいようになってました。
一番遠くの場所はかなり遠かったですけど、レンジ自体が明るくてとても撃ちやすかったです。



M92Fの次はM1911A1。
米軍の歴代ハンドガンということで、是非撃っておきたかった。
反動はやっぱり9mmに比べると結構大きめ。
むしろ反動より銃の細さがヤバかった。
連続で撃つと手に食い込んで結構痛い。
これは手の大きい外人だと余計大変なんじゃ…
これでダブルカラムだったら調度よさそうなんだけどなぁ。
集弾率はそこそこ。
3~4発で、25mくらいの所のペットボトルに当たります。
ペットボトルは水が入っているので、当たると気分爽快♪
結局今回の射撃で総合でペットボトル・風船各4,5個づつくらい当てることが出来ました。
風船はよく当たるけど、なんか近くを通ってるだけで爆ぜているような気もするw



次はリボルバーということで、コルトパイソン。
今回撃った中では一番マズルが跳ねたw
反動も凄まじかったです。
トリガープルが重めで全然的に当たりませんでした。
ハンマーも重かった。
弾はエジェクター使わずにすんなり落ちてくれました。
マガジンに弾を込める作業も好きだけど、リボルバーに入れるのも好き。
劇場版のアキトばりに速くリロードしたいですよね。



ハンドガン最後はデザートイーグル。
とりあえず持った時点で重たい。
というか、弾を込めたマガジン自体がすでに重い。
反動はやっぱり一番でした。
重量があるせいか、それほど銃身は跳ねませんでした。
頑張れば片手でも撃てそう。
これもイマイチ当たりませんでしたw
でも地面に着弾した時の砂煙はかなり激しくて楽しかった♪
気になったのはスライドストップの硬さ。
すっごい外しにくい形状の影響もあって、解除に苦労しました。
グリップが太くてちょっと握りにくかった。
それ以外は結構よさげ。
まぁ実用性はあまり無いけどw



ライフルの最初はM4。
まさか現行のM4が撃てるとは思えなかった。
持った感じすごく軽い。
反動はやっぱ64式に比べて弱い。
でもフロント周りが軽すぎるせいか結構跳ねる。
あまりレールとか好きじゃないんだけど、レール付けた方がバランス取れるかも。
まぁそれでも撃ちやすいので、ハンドガンより素直な所に飛んで当たってました。
操作性も考えられまくっていて、とても扱いやすかったです。
ボルトは64と同じくらいの重さでした。



M4の次はAKM。
どこの国でも使っているし、是非撃ってみたかった。
本当にマズルの跳ねっぷりが酷いのか試してみたかったしw
結局マズルの跳ねは思ったよりは酷くありませんでしたw
フルオートだと酷いのかな?
ハイダーによっても違うかも。
銃自体の重量は程よい感じで、とても使いやすかったです。
やっぱストックは木製よねーw
エアガンで知ってはいたけど、マガジンなげぇw
ボルトはかなり重め。
ストップが無いから毎回これを引くのは結構大変かも。
精度は結構よくて、それなりに当たってました。
まぁ状態がいいからかもしれませんけど。
反動はM4と同じか少し強いくらい。



次はまた米軍に戻りM14。
BHD好きとしてはやっぱりこれも撃っておかないと♪
あと、フルロードの7.62mmを撃ってみたかったってのもあります。
出来れば木ストがよかったけど。
マガジンはまんま64式と同じw
入れる方法も同じはずだけど、硬くてちょっと苦労した。
自衛隊の7.62と比べても反動は似たようなものでした。
銃身も長くてとても撃ちやすい。
ライフルの中では一番よく当たりました。
55mの風船も数発で当てれました。
ホント、これはいい銃だわぁ。
撃っていて気持ちいい。
今でも古さを感じないし、長く使われているのは伊達じゃない。
これはまた是非次回来た時にも撃ちたい。



最後はショットガンのSUPER X-2。
散弾ということで最初からサイトがねぇw
しかも的はヤシの実でしたw
反動は尋常じゃなかったです。
すっごい肩に来るw
出来ればスラッグも撃ってみたかった。
弾込めは楽しかったです。

以上8丁のレポでした。


射撃が終わった後に暇だったので店長と話をしていて、M92Fの構造の話になったのですが、エアガンとかと同じ?ってことを聞いたら分結をやらせてもらえましたw
もう大感激w
しかもやり方とかはエアガンとまったく同じで驚きました。
日本のエアガンメーカーすげぇ…
M4も丁度分解している所で、そっちも見せてもらったのですが、やはりマルイのやつとほとんど同じでしたw
まぁ分結できた所で使う機会がねぇけどw

店長含め、従業員の外人の方もとても親切でいい人ばかりでした。
おかげでとても楽しく撃てました。
銃の種類も沢山扱っているので、次回はまた違う銃を撃ちに行きたいです。
グアムに行ったら是非G.O.S.R.へ♪


おまけで適当に撮った写真とか。



今回撃った銃達。
一番奥は隣の人が撃っていたクガーですが。
次行った時はUSPとかグロックも撃ってみたい。
グロックはものすごくトリガープル重いらしいけどw
店には3,4種類のグロックがあったので選び放題♪



ハンドガンのショーケース。
こうやって見るとそこらへんのエアガンショップと変わらないw
下は22口径から大きいのまで豊富に置いてあります。
どれも手入れが行き届いていて綺麗です♪


 
長物置き場。
左端がMP5SD3。
おぉ、サイレンサー付きもあるのか!と、驚いたらアメリカでもサイレンサーは禁止なようで、サイレンサーの中身は空でただの筒になっていました。
まぁ詰めりゃいいだけだから犯罪の抑止力にはならないような気がするけど…
ボルトアクションも多くて、次は是非撃ってみたいところ。



M1カービン撃ちたかったーw
あとM4も3丁ありました。
品揃えよすぎw
一番下のモデルはレールバリバリでした。
やっぱレールのモデルも実銃で見るとエアガンとは違うわぁ。



今回使ったマガジンとか。
AKのマガジンはでかいわぁ。
M14のマガジンはホント64とそっくり。
M4のマガジンはエアガンでも使っているせいでよく見るw
ちなみにマンターゲットはもらうことが出来ました。



最後にM4を持ってる自分。
イヤーマフもしっかりしていて、耳が痛くなったりもありませんでした。
足元は薬莢が落ちまくっているので転倒注意w
薬莢は店長に言ったら箱とセットで沢山もらえました♪
AKの7.62×39mmとか珍しい薬莢がもらえて幸せ☆
あと、ここの射撃場は山の中なので、蚊のような得体の知れない生き物に何箇所か刺されました。
暑いから半そではしょうがないけど、長ズボン必須。
虫除けスプレーとかあると幸せになれると思います。

グアム旅行3日目昼-飯とか

ファイル 464-1.jpg
昼飯はマクドナルド行きました。
かなり量が多いことを期待してビックマック頼んだんですが、日本と変わりありませんでした…
アメリカも本国だと多いらしいので、観光客の多いグアムは少ないのかもしれない。
別のハンバーガーショップも何件かあったので、そっちに行っていたら違っていたのかも。

ドリンクは自分でドリンクバーから取る形式になっていました。
コップがバカでかいので、普通に満タンに入れると500cc以上入ります…
コーラの味がちょっと違う気がしました。

あと、最悪だったのがポテト。
塩分がまったく無い…
他の食い物とかは塩分とか香辛料バリバリだったりするのに、なんでポテトだけ…
これは塩持参で行かないと無理だわ…


ファイル 464-2.jpg
ドリンクの蓋の部分は日本と違いましたが、一応突起を押し込むことが出来ました♪
ここをペコッと凹ますのが俺のジャスティス。


あと飲み物の話といえば、コンビニなんかだとミネラルウォーターとコーラが同じような値段で売っていたので、ひたすらコーラを飲みまくり。
やっぱ同じ値段ならただの水に金を出すのはもったいないような気がしちゃって…
日本でもミネラルウォーターなんてまったく飲まないしなぁ…
完全に体にわりぃ…
そういえばレッドブルも売っていたんで飲んでみました。
直後にビール飲んだ影響もあるだろうけど、日本のやつより効くような気がする。
眠気もすっきりで修羅場に使えそうなので5本お持ち帰り。
日本で未発売の甘くないやつも売ってましたが、そっちは微妙でした。


ファイル 464-3.jpg
ポテトの塩分の無さが悲惨だったので、後ほどスパム購入。
日本ではまだあまり売ってないし、やっぱミリ飯好きとしては食っておかないと♪
まぁ単体でもしゃもしゃ食ったら塩分濃すぎてヤバかったけどw
これだけでご飯何杯でも食えるw
日本でももっとバンバン売ってほしいなぁ。

グアム旅行3日目午前中-ダイビング

ファイル 463-1.jpg
朝っぱらからグアムの海に潜ってきました。
景色最高♪
写真は防水のデジカメで一緒に潜った人に撮って貰いました。
1タンクで40分。
気温31度、水温、29度、透明度10メートルでした。
午前中でしたが、気温に慣れていたせいか、水に入ったら29度もあるのに少し寒かったw


ファイル 463-2.jpg
海中展望台のある所で潜りました。
本当なら二次大戦の戦闘機とか沈没船の沈んでいるスポットに潜りたかった…
展望台は内側から水中が見れるようになってます。
遠浅に見えますけど、かなり深かったです。
他に潜っているグループがいなくてこの日は一番だったので、水中もとても綺麗でした。


ファイル 463-3.jpg
魚も沢山いました。
指をすり合わせるような動作をすると餌をもらえると思って近寄ってきて可愛いw
さんご礁もかなり綺麗でした。
なんつーか、色がすごい!


ファイル 463-4.jpg
イソギンチャクにはグアム特有のクマノミがいて、間近で沢山見れました。
ニモの元になったやつです。
近くで見ると面白い顔をしていますw
イソギンチャクに折れたサンゴの枝とかを乗せると、クマノミが体当たりしてどかします。
うまくイソギンチャクとクマノミが共存していました。
結構可愛いのですが性格はかなり凶暴で、近くで指を動かしていたら噛まれましたw


ファイル 463-5.jpg
泳いでいって、海の中に海中展望台が現れた時にはちょっと感動でした。
中から日本人の観光客にすげぇ写真撮られてたw
ここにも魚とか沢山いて、とても綺麗なんですけど、壁に多数のハングルの落書きが…
せっかく気分よく泳いでいたのに最悪。
韓国人を扱うダイビングのショップがお客に書かせているらしい。
餌付けで使ったソーセージの袋はそのまま水中に捨てていくし、サンゴは平気でフィードで蹴るという始末…
おまけにやらせているのは正規のインストラクターではないという…
もうねー、韓国人とかどこ行っても害にしかならねぇなぁ…
死ねばいいのにー

まぁその落書き以外は本当に気分よく泳げました。
次グアムに行った時にも絶対に潜ろうと思います。

グアム旅行2日目

2日目は朝早く起きて島内をバスで観光しました。
ちなみに時差は1時間しかないので、時差ボケとかまったくありませんでした。
だけど、携帯の時計を直してなかったので、せっかく朝にアラーム掛けておいたのですが、無駄になりましたw
腕時計は空港ですぐに直したんだけど、まったく携帯までは気が付かなかった。

朝飯はホテルでバイキングを取りました。
バイキングのチケットを買っていたので、基本的に朝飯はホテルで取りました。
日本人もよく使うホテルってことで、地味に日本食もありましたけど、基本的に肉多めw
でも結構うまいもんで、毎日がっつり食ってました。
別に腹の調子もよかったし、飯は本当によかったです。
こんな生活をずっと送っていたら確実に太るだろうけどw


ファイル 462-1.jpg
なんか有名な教会。
いかにも外国!って感じで素敵。
真っ白でとても綺麗でした。
雨とかで汚れないんだろうか。


ファイル 462-2.jpg
タロフォフォの滝。
島の一番南のあたりなんですが、超ど田舎。
というかジャングル。
虫とか多いみたいで、途中滝まで移動した時に乗ったロープウェイの管理人の人に虫除けの液を塗ってもらいました。
滝はそこらへんにあるような滝と同じなので省略。
グアムの資料館とかあったので、それを見てきました。
スペインに侵略されたと思ったら日本に占領されたり、そしてすぐにアメリカに奪還されたりと、現地人は大変だなぁ…と。


ファイル 462-3.jpg
近くにあった横井庄一さんの潜伏していた場所へも行ってみました。
住んでいた穴のレプリカがあるってことで期待していたんですが、上から穴が見えるだけだし、解説の看板とかもあまりなくて超期待外れw
でも潜伏していた周辺へは行けて、大体どんな環境にいたのか実感できたのでよかったです。
なんかマングローブみたいのあるし、バナナとか椰子とか普通に生えてるし、すっごい自然豊か。
野生の豚とかいたしw
そうしてみると食い物はそこそこあったのかな?
だけど変な生き物いるし、川辺ということでものすごい湿度で暑い…
とてもこんな所では戦えもしないし、ましてや何年も潜伏しているのは無理だ…
本当は終戦を知っていたとか色々言われているけど、ここに何年もいるだけで本当にすごいことだと思います。


ファイル 462-4.jpg
有名な観光スポットの恋人岬からの眺め。
断崖絶壁。
海の青さがヤバイ。
近くに50mくらいの穴になっている鍾乳洞とかありました。
グアムはまだ未発見の鍾乳洞とかあるらしく、探索する人とか多いみたいです。
行ってみたいけど、結構穴に落下したり、事故も多いみたい…


ファイル 462-5.jpg
日本軍の防空壕です。
何故かわからないけど、放射線みたいなマークが貼ってあるw
中はかなり入り組んだ構造になっていました。
単純な防空壕じゃなくて戦闘になった時も使えそうな感じ。
こういう戦跡は南の島なので結構いたる所にあります。
本当なら完全に戦跡を回る観光をしたかった。
次グアムに行ったら、2日くらいかけて日本軍のトーチカなんかを回りたいと思います。

2日目も無事に終了~

グアム旅行1日目

ファイル 461-1.jpg
1日目はほとんど移動だけでした。
日本の中部国際空港を1時頃に出発して4時頃にグアム到着。
実質3時間でグアム行けちゃうんですね。
飛行機は窓側の席でよかった♪
南に行くにつれて雲が変わってきているのがわかった。
途中何箇所か島が見えたけど、サイパンとかだったのかな。
一度高気圧だかに飛行機で突入して高度が50mくらい一気に落ちるってやつを体験してみたいんですが、なかなかそういう機会に遭遇しません。

グアムに下りた途端に思ったのはとりあえずクソ暑いw
湿度が半端じゃなくて完全に日本とは別世界でした。
入国審査も無事に通過し、バスでホテルへ。
バスに乗ってる間に走っている車とかを見ましたけど、走ってる車の3割くらいがピックアップで、そのうちの半分くらいがハイラックスでした。
トヨタ大勝利w
しかも某Top Gearの番組で破壊されたハイラックスのような状態の車両が何台も平然と走っていて驚いた。
完全に中東で武器とか持った人たちの間で活躍してそうな感じのやつ。
毎回思うけど、なんで車両はボコボコなのにリアゲートのTOYOTAの文字だけは綺麗に塗ってあったりするんだ…
ピックアップの中でもやっぱりトヨタなのは自慢するところなのか…
その他走っている車もほとんどが日本車でした。
トヨタ、日産、ホンダ、スズキ、三菱、マツダ、いすゞの順に多かったかな。
アメ車らしいアメ車は全然いなくて、SUVが大人気。

泊まったのは海沿いのアウトリガーってホテルでした。
結構いい場所でした。
ホテルで暇な時はずっとディスカバリーチャネルをひたすら見てました。
島の中で一番賑わっているホテル街の真っ只中でしたが、周りはブランド物の店ばかりで完全に無縁でした。
夜も色々遊びに歩き回りましたが、キャッチが多すぎてうぜぇw
まぁ悪い人ばかりじゃありませんでしたけど(ぉ


ファイル 461-2.jpg
ホテルからの眺め。
泊まったのは8階でした。


ファイル 461-3.jpg
ホテルからの眺めの山側。
なんかビルの上にへんな模様が描いてありました。
基本的にホテルの周辺だけ賑わっていて、他はど田舎です。


ファイル 461-4.jpg
ホテルの部屋。
結構いい部屋でした。


ファイル 461-5.jpg
部屋の風呂。
ボディーローションってのと、シャンプー、バスソープってのが備え付けられてました。
最初ボディーローションってのがボディーソープなのかと思ったら違って、実は体を洗うのは石鹸でした。
ボディーソープは洗った後につけるやつで、すげぇ現地人の匂いがw
ちょっと無理だったもんで使わなかったw
バスソープは普通に泡風呂用のやつだったんで、使って泡風呂にしてみた。
横に狭いけど、縦は長くて結構快適でした♪
ただ、お湯の温度調節が無くて、熱湯と水を混ぜて温度調節しなきゃで面倒だった。
一応ホテルの水は全部浄水器通してるってことでしたが、水は一滴も飲みませんでした。

そんなこんなで1日目は終了。