記事一覧

アリエナイ理科ノ工作

アリエナイ理科ノ工作買って来ました。
いやー、面白いわw
1890円とかなり高いですが、全ページカラーで内容も結構充実しています。
ただ、文章が少ないのである程度知識がないと理解しにくい所もあるかもしれません。
とりあえずジェットエンジンの記事を見て、白井内燃機工業の人を連想したのは俺だけじゃないはずw

そんなこんなで、強力灯油バーナーを作り始めました(ぉ
本当は前からジェットエンジンを作っていたのですが、どう頑張ってもタービンのサイズの関係からグラーフアイゼンには実装できないので断念。
燃焼室とタービンを一緒にできればギリギリ違和感のないサイズくらいには収めれそうですが、まずは構造の簡単な灯油バーナーから。
まぁ原理は似たようなもんで、圧縮空気をタービンで自力で作るか、外部ソースを使うかの差くらい。
始動はガスバーナーで、燃料は灯油、圧縮空気はコンプレッサーから。
本当ならブロア使いたいところですが、場所を取りすぎる。
コンプレッサーじゃ数十秒しか動かせれないでしょうが、一発ネタならそれで十分。
もしくは高校の時に相撲ロボットで培ったノウハウを生かして、掃除機のファン流用で圧縮空気作る。
あのファンの流量はハンパじゃねぇ。
スペースさえどうにかなれば案外この方がいいかも。
コンプレッサーを使うなら杖の中を空気を通すので、うまくいけばリロードも可能。
しかし、空気が漏れないようにうまくロックできるようにしないとえらいことにw
とりあえず肝はしっかりと燃料が気化して燃焼する距離が稼げるかどうか。
燃料の気化は燃焼管じゃなく、車のパーツ流用でインジェクションで行くかも。
まぁ最悪大きくなっちゃっても、ギガントフォームということでw
目指せ、アフターバーナーのような青白い炎っ!
本格的にイベント会場じゃ動かせないけどw

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーには「マヨイガ」と入力してください。(スパム対策。)