記事一覧

オメガシーマスタープロフェッショナルダイバー300 m

1993年以来、オメガのSeavasterプロフェッショナルダイバー300 mは、ブランドのスポーツウォッチコレクションの中心部にされています。1995のGoldeneyeでジェームズボンドの腕時計としてファンに知られていて、Seamaster 300 Mは、ブランドの最も象徴的なモデルのうちの1つです。ちょうどBaselWorldのための時間では、オメガはセラミックベゼル、再設計されたセラミックダイヤル、新しい42 mmのケースサイズ、オメガのマスタークロノメーターC 0軸8800の動きを特徴とする更新されたシーマバーダイバー300を発表しました。
最もよく、新しいSeaSeasterダイバー300 Mコレクションは、サイズに関して変化する味についていくために、前のフルサイズのモデルの40 mmの幅から42 mmまでサイズで更新されました。オメガの選挙は、35宝石メアリ認定マスタークロノメーター8800との新しいSeavasterシリーズを装備するために、彼らの幅広い提供を横切って高級製造キャリアーと自分の時計をアップグレードの近年の傾向を示しています。
現在、レーザー刻まれているセラミックダイヤル上の波パターンの凱旋は、シーマスターの多くのファンに歓迎されます。ブラック、ブルー、または“PVDクロームで利用可能な”新しいダイヤルが微妙に更新され、6と新しいテキストの日付と時計の新しい家の口径に一致する。しかし、ダイアルのDNAは常にデザインされています。ダイアルのデザインは、デザインの変化だけで時間のテストに耐えることができます。
10時にシーレスターダイバー300 mのヘリウムリリースバルブも微妙に異なるモデルと比較して、より円錐形のプロファイルと水中で動作する新しい能力を持つ。Omegaの習慣であるように、ステンレス・スチールと金の混合でステンレス鋼と8で6と14の新しい300 mのコレクションは、14の新しいモデルを特徴としません。
しかし、新しいオメガシーマスターダイバー300 mの上で微妙な視覚的な更新は、オメガは試して真のダイバーのウォッチパッケージに新しい、はるかに興味深い製造の動きを提供している可能性があります。6時の日付の位置のような他の新機能、更新されたヘリウムリリースバルブは、トレンド42 mmケースサイズ、および波のパターンのリターンのリターンは、オファーのコア部分の1つを再考するためのファンの新しい理由を与えるために一緒に動作します。我々はより多くを学ぶようにすぐに新しいオメガシーマスターダイバー300 mの価格を共有します。

Supreme x アウトドアブランド『WOOLRICH』のタッグによるコラボが11月に発売との噂

1830年に「John Rich(ジョン・リッチ)」が創業した「WOOLRICH(ウールリッチ)」と「スーパーコピーSupreme(シュプリーム)」がチームアップし、コラボピースを近日リリースする可能性がある事が判明した。
リークされた画像にはオフィシャルサイトと思われる画面に“WOOLRICH JRB BLANKET SUPREME COLLABORATION”の文字が刻まれており、2017年11月に Supreme × WOOLRICH によるコラボコレクションがローンチされると明確に記されている。
その新店舗オープンを記念し店舗限定にてリリースされると思われていた、オープン記念ボックスロゴTシャツが日本時間10月10日(火)AM0:00頃、SupremeのUSオンラインストアにてサプライズドロップが行われた。

現時点では既に完売しているが、今回の収益は9月19日、大西洋上で発生した大型ハリケーン「マリア」で被害を受けたアメリカやプエルトリコに寄付されるようだ。
昨日遂に正式にアナウンスされた「Supreme(シュプリーム)」のNYエリア第2店舗目となるブルックリンストア。
その新店舗オープンにて最も注目を集めているであろう、オープン記念ボックスロゴTシャツに関する情報をキャッチした。

SNSリークアカウント@supreme_leaks_newsによると今回のブルックリン店のオープン記念ボックスロゴTシャツは約900ドル(約101,600円)の価値が付くと予想。

44ドル(約5,000円)の発売価格と比べるとかなりのプレミアがつく事となる。

ブルックリン店のオープン記念ボックスロゴTシャツは、オンラインリリースは行われず、ブルックリンストアのみのエクスクルーシブリリースとなるため、かなりのレアアイテムとなりプレ値が付くことは必至だろう。

まだブランドからののオープン記念ボックスロゴTに関する正式なアナウンスは行われていない。

果たして今回の新店舗オープン記念アイテムはどのような反応を示すのだろうか。
Supreme(シュプリーム)が、遂にニューヨーク・ブルックリン新店舗のオープンを正式に発表した。
気になる住所は『152 Grand St. Brooklyn』となっており、ベッドフォード・アベニュー駅が最寄り駅だ。

店内にはアパレルアイテム以外にも、Supreme 2017FWコレクションにも登場しているスケートボードのレジェンド・アーティストである「Mark Gonzales(マーク・ゴンザレス)」のアートワークが展示されており、更にはプールを模したスケートボウルも設置されている。

そして以前リークされていた、Supreme 2017FW WEEK1でローンチとなったTシャツコレクションも既に店内に陳列されているので、どうやら噂通りリストックが行われるようだ。

オープン記念ボックスロゴTシャツの販売に関するアナウンスは行われなかったが、公開されたスナップの中にはイエローカモ柄のボックスロゴTシャツが写りこんでいる。

10月5日(木)にグランドオープンとなる新ストアのロケーションは以下の通り。
10月5日(木)のオープンが濃厚となった、ニューヨークのセカンドロケーションとなるSupremeのブルックリンストア。
新店舗限定で発売される限定ボックスロゴTシャツにも注目が集まっている中、その新店舗に関する新情報が登場した。

どうやらブルックリン新店舗には、スケートボウルが併設されるようだ。

ボウルが併設されるならば、その店内の大きさはかなりのものだろう。

ちなみにこの『ボウル』は、1970年代に水のないプールをサーファーたちがスケートボードでライディングしたのが始まりとされている。

プールで始めてドロップインしたのは、伝説のサーフィンショップ「ZEPHYR(ゼファー)」を溜まり場にしていたティーンエイジャー達で結成された『Z-BOYS(ゼファー・スケー ティング・チーム)』だと言われている。

Z-BOYSは、彼らは留守中の他人の庭に忍び込み、プールに溜まった泥水や落ち葉を清掃して、現在のボウルやヴァート・ランプの原型となるプール・スケーティングを始め、水のないプールで立体的に滑るという型破りな新しいスケートのカタチを次々に生み出していった創成期のスケボー界を牽引したチームだ。

Supremeのブルックリン新店舗にボウルが併設されるとなると、クルーライダーたちが次々と現れて店を溜まり場にし、またZ-BOYSのような新鋭ライダーが生まれるかもしれない。
今年春ごろから世界中のストリートヘッズの関心を集めている「Supreme(シュプリーム)」がニューヨーク・ブルックリン地区に新店舗をオープンさせるという情報。
オープン時期は今月9月中と言われている中、今回その新店舗に関する更なる新情報が登場した。

ブルックリン・ウィリアムズバーグ地域のグランドストリート145番地にオープンするとされるSupremeの新店舗は早ければ今週21日(木)にもオープンするとの事だ。

しかしこの意見を否定している海外リークSNSアカウントも存在しており、確信的な情報は未だ出ていない状態となっている。

先週にはこのブルックリン店のスタッフが写った写真も公開されているので、その新店舗オープンへ向け着々と準備は進められているのは間違いないだろう。
NYC 2号店目となるSupreme NY・ブルックリン店が、2017年9月にオープンとなる事が明らかとなった。
2号店は、ブルックリンのウィリアムズバーグにて開店となり、スケートパークも併設されるのではないかと言われている。

そしてオープン記念となる限定ボックスロゴTシャツの発売も行われる事だろう。
Supreme ニューヨーク2号店オープンが2017FWシーズンにオープンするとの情報が入った。
2017FWシーズンにグランドオープンとなれば早ければ今夏にはオフィシャルアナウンスが流れるだろう。

また、ニューヨーク2号店オープンの住所も判明しており『152 Grand Street, Brooklyn, NY 11249 』にオープンとなるようだ。Supremeが、ニューヨーク2号店をブルックリンのウィリアムズバーグにオープンするというニュースが飛び出した。
ウィリアムズバーグといえば、ニューヨークの中でもお洒落スポットとして知られ、トレンド発信地ともいわれているホットなエリアだ。

そのニューヨーク2号店には、ニューヨーク・ブルックリン出身でスケートシーンのアイコン人物である「Jefferson Pang 」がマネージャーを務めると言われ、ニューヨーク2号店のオープン記念ボックスロゴTシャツもローンチされるとの事だ。

果たしてウィリアムズバーグに、Supremeニューヨーク2号店はオープンするのだろうか。

Supreme 18SS Summer Tees / 新作 サマーTシャツが

Supreme(シュプリーム)の2018春夏 Summer Tees / 新作 サマーTシャツが、2018/6/30(土) Week19に国内で発売予定です。アメリカ人フォトグラファー Terry Richardson(テリー・リチャードソン)のセクハラ疑惑でお蔵入りだと思われていたDef Jam Recordings(デフ・ジャム・レコーディング)の創始者 Rick Rubin(リック・ルービン)のフォトTシャツ、ヒンドゥー教をモチーフにしたTシャツ、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた世界一有名な女性の肖像画モナリザのTシャツ、ヒンドゥー教の象頭神 ガネーシャのTシャツ、タコの足がSupremeの文字になったTシャツ、女性スイマーのTシャツ、カラフルなストーンがSupremeの文字になったTシャツ、マーク・ゴンザレスのデザインしたロゴが入ったTシャツ、Richard Estes(リチャード・エステス)のアート作品が入ったTシャツなど7型のTシャツが発売予定です。発売日などの詳しい情報が分かり次第、随時更新させていただきます。
【更新情報】キング牧師ことMartin Luther King, Jr.(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)のTシャツは、2018/6/2(土) Week15に発売されました。新作Tシャツを追加、修正しました。Supreme公式サイトで、7型の新作サマーTシャツが公開されました。売上の一部が寄付されます。ニューヨーク、ブルックリン、ロサンゼルス、ロンドン、パリでは、2018/6/28(木)に一足早く発売予定です。
Supreme 18SS Summer Tees / 新作 サマーTシャツのシュプリーム公式イメージ

今すぐ真似できるロシアヘッズ流のラグジュアリーストリートスタイルをチェック

メゾンブランドがひしめくパリ/ロンドン/ミラノ/ニューヨークに比べ知名度は低いものの、ストリートシーンの一角を担う存在まで登り詰めた〈Gosha Rubchinskiy(ゴーシャ・ラブチンスキー)〉擁するロシアに、先日ファッションウィークが上陸。極寒の地で知られるモスクワヘッズたちを捉えた第1弾に続き、今回も湯気が出るほどホットなブランドで身を飾ったファッショニスタたちの姿をお届け。先日よりもグラフィカルなデザインが多く見受けらる第2弾では〈Heron Preston(ヘロン・プレストン)〉や〈Raf Simons(ラフ・シモンズ)〉を筆頭に、ヘッズお馴染み〈Balenciaga(バレンシアガ)〉、〈Off-White™️(オフホワイト)〉、〈Supreme(シュプリーム)〉x〈The North Face(ザ・ノース・フェイス)〉といった人気ブランドに〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉や〈Kappa Kontroll(カッパ)〉のアイテムを組み合わせたファッショニスタの姿が数多く見受けられる。東京ファッションウィークが目前に迫るなか、上のフォトロールより今すぐ真似できる業界人たちの最旬スタイルをチェックしてみてみよう。

ページ移動